し ぐ さ

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き③

投稿日:2019-10-06 更新日:

みなさま ご機嫌よう

本日は、3回目の

蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った
巫女さんの
『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。

 

忘れないよう、
思い出しやすいように

っと、

お道具のイメージ画像に
自分で絵を添えています。

笑わずに読んで下さると
・・嬉しいです。

また

それぞれのお品の詳細を
お知りになりたい方には
画像下をクリックして頂けます。

 

 手 順③

茶合と茶壺の扱い

・茶合

【煎茶道具 茶合】煤竹 

 

茶合を
手で、から取り上げ
手で、からまぁるく包み込むように持ち
・左膝の上へ収める

 

・茶壺

【煎茶道具 茶入】姫萩 利左衛門作

(左手の茶合は、膝上に収めたままです)

・右手で
茶ひつの中の茶壺を

真上から12時と6時のところを持って
盆の上へ置きます

次に
蓋をとって、下横へ置きます

 

茶葉を計る

手の茶壺と、手の茶合の
両手が、帯の前で出会って

その位置で

茶壺を、
くるくるっと押したり引いたりしながら、

茶合の上で、葉の適量を計ります

適量とは・・
その時に何煎入れるか
人数がどれだけ居るのか
茶合の大きさにもよる経験値です

だいたい、
茶合にどのくらい入れたら
好みの味わいになるのかを、
失敗しながら自分でみつけます)

 

計ったら
・左手は、茶葉をこぼさぬように
そのままゆっくりと、左膝の上に収めます

 

茶壺を片付ける

右手の茶壺
お茶を計ったその手のまま、一旦
盆の上へ置き

蓋をしてから、両手で持ち上げて

元の場所(茶ひつの真ん中)に
片付けます

 

つづく・・・

⇒⇒⇒蓋盆の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き④

 

相変わらず
絵が不細工で、すみません。

紙が黄ばんで見えるのは
本当に黄色いのではなく

ただ
私の写真の技術が、未熟すぎるだけです。

そのうちきっと
上手く出来るようになる・・

予定です。

どうぞ
温かく見守ってくださいませ。。

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き①

みなさま ご機嫌よう あなたは神社の境内で 巫女さんの野点などを、 ご覧になったことはありますか。 こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露 …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き 最終回♡

みなさま ご機嫌よう これまで6回にわたり綴って参りました、 この蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』も、本日で最終回。 思わず、嬉しくて タイトルにハートを付けてしまい …

着物で座るときの、小さなポイント。

みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの 美しい席への着き方があります …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑥

みなさま ご機嫌よう 改めまして こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 基本のき・なので、忘れないよう 書き残す …

きもの美人の立ち居振る舞い『所作の要』って何でしょう。動画つき

みなさま ご機嫌よう。 着物をお召しになると自然に、 人に見られることを意識します。 振り向かれるのが嬉しくって・・。 そんな事を素直に語ってくれた友人もいます。 けれど、素人さんの所作と プロの方の …