し ぐ さ

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑤

投稿日:2019-10-08 更新日:

みなさま ご機嫌よう

本日も、

蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った
巫女さんの
『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。

なんと5回目です。

前回まで、
ゆーっくり ゆーっくりと

時間をかけて育てていった
茶葉が、そろそろ飲み頃のようです。

本日は、

どこまで進めるでしょうか・・
心配ですが

覚え書き
本日も、がんばります。

 

 手 順⑤

現状↓

 

お道具も、いろいろ・・。


・茶碗


【煎茶道具 湯のみ】
煎茶茶碗 蘭 栄山作 5客セット


・急須




【煎茶道具】 後手急須
白滋又・青磁・黄色・曙

 

お茶を注ぐ

急須を扱って

次の順にお湯を注ぐ
5→4→3→2→→2→3→4→5

手早く、手首を返しながら
トントンと、テンポよく入れていくと
こぼれにくいのです。

そして

最後の一滴まで
その雫が落ちるまで待ちましょう

その一滴に
旨味が凝縮していると言われます。

 

茶托をセットする

急須を、急須盆ごと 蓋盆の外へ出す
茶托を、茶ひつから 蓋盆の中へ入れます

次に
茶碗の糸底を拭くために

盆巾を、一度両手で扱ってから
蓋盆の中へ(5時のところへ)置きます

 

・茶托

【煎茶道具】茶托 ステンレス製 

 

茶托は、
一番上の一枚を、両手で一枚取り上げ
左手の手の平の上へ。

そして
その手を一旦、左膝の上へ収めます

 

次に
1の茶碗を、右手で上から取り上げ

糸底を盆巾に押しつけるようにして
水滴を含ませてから

帯の高さで
両手が出会って

茶碗と合わせ、
一文字煎茶盆
 ⇓ の上に乗せます。

 

・一文字煎茶


【煎茶道具 煎茶盆】 一文字盆 黒天朱
(1尺5寸:長45cm×巾12cm)

 

 

つづく・・・

⇒⇒⇒蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑥

 

 

玉露のお道具って

ちょっぴりミニチュアな世界感。

幼い頃にお友達と遊んだ

おままごとにも似ています。

でもでも
ほんとうに美味しい。。

お出汁なのです♡

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き①

みなさま ご機嫌よう あなたは神社の境内で 巫女さんの野点などを、 ご覧になったことはありますか。 こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露 …

女性を美しく魅せる・手指の使い方。

みなさま ご機嫌よう。 女性なら誰しも、 しぐさ美人に憧れるもの。   本日は、 簡単で日常遣いの 【手指の使い方】の・ お話しです。   目次1  プロの心得は?2  スマホを持 …

きもの美人の立ち居振る舞い『所作の要』って何でしょう。動画つき

みなさま ご機嫌よう。 着物をお召しになると自然に、 人に見られることを意識します。 振り向かれるのが嬉しくって・・。 そんな事を素直に語ってくれた友人もいます。 けれど、素人さんの所作と プロの方の …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き②

みなさま ご機嫌よう 本日も、こちら 巫女さんの 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 煎茶道具といっても 色々ありますので、 その都度、ご紹介していきたいと思います …

巫女さんの 「煎茶(玉露)点前」のまとめ。「茶巾・盆巾の作り方」

みなさま ご機嫌よう いつも ありがとう存じます ゆみこです   本日は 以前に書いた 【巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書き】 (全7話)と 【巫女さんの茶巾・盆巾の作り方】のお話し …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師