し ぐ さ

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑥

投稿日:2019-10-09 更新日:

みなさま ご機嫌よう

改めまして

こちらは
普段、巫女が御奉仕の合間に
お稽古を積む、

蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った
『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。

基本のき・なので、忘れないよう
書き残すことにしました。

本日は、その6回目になります。

前回は、
一煎目を入れ終えて・・

 

 

 手 順⑥

 

現状↓

 

・一文字盆

【煎茶盆】一文字盆 鎌倉彫り

 

・一文字盆に、
一煎目の5碗を乗せたら

 

盆を拭く

盆巾を扱ってから、上の図ように
盆を拭き清めます。

(盆巾は、押しつけず
水を吸い込ませるように動かします)

・拭き終えたら
盆巾入れに、片付けます
(この時は、両手で扱わずに片手で)

 

二煎目のお湯を

・湯沸かし台

急須台・湯沸かし台 欅製

 

・炉から、
湯沸かしを台へ降ろす

(二煎目のために
お湯の沸騰を止める

 

茶碗を盆へ

一文字盆で、
戻って来た茶碗を取り込む。

・茶托ごと、両手に扱って
身体の前へ(帯の高さ)

茶托は、左手の上
茶碗は、上から摑んで盆へ

(5→4→3→2→1の順に置く)

 

急須にお湯足し

・急須

【煎茶道具】後手急須 染付

 

急須を、の中戻し

手で、急須の蓋を取り
その手を引いて左膝の上

 

・湯沸かし

【煎茶道具】作家物 ぼうふら

 

手で、湯沸かしをとり を入れ
手で、急須の をする

 

茶碗を洗う

・水柱

【煎茶道具】水注 青磁

 

水柱
右手で取り、左手を添え

茶碗に1から順に、水を注ぐ

 

・建水

【煎茶道具】建水 織部焼き

 

建水に1から順に、水を捨てる

 

* ここまで、たっぷり時間を使って
二煎目に使う
湯沸かしのお湯を冷まします。

 

つづく・・・

⇒⇒⇒蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き 最終回♡

 

 

玉露の入れ方 って

どこか 珈琲の淹れ方に似ている。

珈琲は
ペーパードリップだと

蒸らして、最初の一滴が
いちばん美味しい・・と言う。

逆に
玉露は、最後の一滴が
いちばん美味しくて

時間や 温度や お水、
といったものに最善を尽くしたら

後は・・じっと待つ。

葉の旨味を 信じて。

 

そうやって待っていると

茶葉が
豆が

香り立つ

 

幸せな時間をくれる

うん

どっちも いいなぁ。。

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

巫女さんの茶巾と盆巾の作り方(煎茶・玉露点前のお道具)

  みなさま ご機嫌よう 茶巾・盆巾とは 小さくて可愛い 玉露茶碗を清めたり、 お盆を拭いたりする お品です。 私は、これまで7回に渡り 巫女さんの玉露点前の お話しをして参りました。 その …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑤

みなさま ご機嫌よう 本日も、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 なんと5回目です。 前回まで、 ゆーっくり ゆーっくりと 時間をかけて育てていった …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き④

みなさま ご機嫌よう 本日は、4回目の 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 きっと ここまで根気よくお付き合い下さった あなたは、 私よりずっと 腕に覚 …

初心者向け。いざという時に困ったら。襖の開け閉て( 動画あり )

  みなさま ご機嫌よう。 本日は、 もしもの時の 襖の開閉(あけたて)について 初心者さまへ向けた 【襖の開け閉て】のお話しです。   目次1  襖の開け方2  襖の閉め方3   …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き①

みなさま ご機嫌よう あなたは神社の境内で 巫女さんの野点などを、 ご覧になったことはありますか。 こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露 …