しぐさ

日本人の美しい所作。玄関で履物を、どう揃えていますか?(動画あり)

投稿日:2018-06-10 更新日:

みなさま ご機嫌よう。
本日も、
お見えくださり有難く存じます。

最近、
こんな風に感じるようになりました。

訪問先での履物の揃え方について、
色々な見解があるものなのですね。

もしかしたら、
自分の信じる1つのマナーに
こだわり過ぎることはいけないのかな。

っと。。

人と人との、お付き合い。

それぞれの育った環境もおもんばかって
互いに気持ち良くありたいものですね。

あなたは、どう思われますか?

 

 江戸の玄関

江戸の頃。

町人たちが寄り合いなどに集まるとき、
殿方は、その家の上がり框(あがりかまち)の
その段差から一列離れた所に
履物を脱いで置いたそうです。

もちろん現在でも、
慎みのある人は御自身の履物は
玄関の中央よりもなるべく脇の方へ
離して置いて上がりますね。

そこ(中央)は、
後から慌てて来た人の為
空けておく心遣いでもあるのですが

江戸の頃の殿方が、そうしたのには
もう一つの訳があります。

それは、
奥方さまへの気遣い。
当時の御婦人たちは皆、お着物でしたから

裾を乱さずに済むようにと、
中央の上がり框の辺りは空けて
その段差を利用してもらうための
優しい心遣いでもあったのです。

江戸の町は、当時
料理屋旅籠も、女将が取り仕切り、
江戸の商家は女次第」と言われました。

一方で、男性は圧倒的に
出稼ぎの独身男性が多かったそうです。

この時代、絶対数の少ない江戸の女性たちは
とても大切にされていたのです。
そして、その分とても
慎み深く、情の深い方が多かった・・
とも言われます。

時代が、人も所作もつくる
そんな一例でしょうか。

 出舟の向き

こちらは現代の
一般的な、履物の整え方。
訪問先の玄関に入った折の所作です。

玄関に入ったら
真っ直ぐに室内に向いて履物を脱ぎ
上がり框(式台)へ上がり

お迎えくださった方へ
まともにお尻を向けないように

すこし斜めに
後ろを向いて しゃがみ

履物の天地を替えて置き直します
この時
つま先が、出舟の先端を差します
つまり履物を
出舟の向きに置いた事になります。

あなたは如何でしょう・・

 横向きに揃える

これも知らなかった事です。

必ず、玄関横の靴箱の側に直角に
揃えて置くのが習慣です。っと

そう仰る方々もあります。
所によって、人の当たり前は違います。

大抵、靴箱の位置
玄関の下座に置かれています。
ですから、
我が身を下座に控え置く」の意も
あるようです。

勉強になりました。
気をつけたいと思いました。
郷に入りては郷に従え・・

大切なことですね。

 人の、履物を揃える

これを
「良くない」と仰る方もいますが、
如何でしょうか。

その心遣いが、喜ばれる場合もあれば
疎まれてしまう事もあるもの。

でも正直、「困ったな。」って思いました。
人の心の機微は、深くて難しいですね。

けれど、考えてみれば
あからさまに人様の脱いだ履物を正すなどは
その方に恥をかかせてしまうことにも
なるので。

皆さまのお話しから
一番、良いとされるのは、

自分が履物を脱いだときに
その付近のものだけを「そっと揃える」
これが正解のよう。

何事も行き過ぎない。
目立たず、さり気なく。
そんな所作が、美しいと喜ばれるものです。

 

 この時代に。

私は十代の頃。何も持たない自分が
いつも、どこか恥ずかしくて

どんな方とも人として対等に
正直に向き合えるように

そう在りたくて、
自分に美しい習慣を身に付けたいと
強く思いました。

でも、
独りよがりはいけませんね。

美しい仕草は、
誰かの目を気にしたり
より自分を高めようとするものでは
ありませんし。

出来れば、それは
当たり前で、簡単なものがいいな。っと
近頃、強く感じております。

そして、この時代の美は
この時代を生きる あなたが作るものです。

私も何か
お役に立てる記事をお届けできると
嬉しい・・と思うのですが、

まだまだ微力ですね。

本日も ありがとう存じます。
またお目にかかれますように

ご機嫌よう。

 

こちらの動画をお借り致しました。
宜しければ、ご覧いただけますように。

-しぐさ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

和風美人の立ち居振る舞い「跪座・正座」

みなさま ご機嫌よう。 どうぞ ごゆるりと 大人になってから和室に集う機会があるならば やはり、そこでは正座でしょうか。 歳を重ねるごと、 冠婚葬祭などで使う機会が増えるものですね。   そ …

和装で魅せる指先づかい

  みなさま ご機嫌よう。 女性なら誰しも、 しぐさ美人に憧れるもの。 年齢を重ねても 会話が上手くなくても グッと あなたを印象づけるものだから。   それでは本日は、こちら 目 …

きもの美人の立ち居振る舞い『所作の要』って何でしょう。動画つき

みなさま ご機嫌よう。 着物をお召しになると自然に、 人に見られることを意識します。 振り向かれるのが嬉しくって・・。 そんな事を素直に語ってくれた友人もいます。 けれど、素人さんの着姿と プロの方の …

宴会に和装・裾を乱さず【座布団へ】座るコツと【お座敷座椅子】

    みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの …

和食マナー「椀とお箸」の扱い方(お箸の持ち方の動画あり)

  みなさま ご機嫌よう。 お疲れ様です。 お食事は、お済みになりましたか? 本日のお話しは、こちら 目次1  所作とは2  割り箸って、どう割るの?3  椀と箸の、取り上げ方4  椀と箸の …