しぐさ

和装所作・襖の開け閉て( 動画あり )

投稿日:2018-10-25 更新日:

 

みなさま ご機嫌よう。

美しい所作を普段づかいにする。
そのために必要なことは何でしょう。
それは、
あなたの生活の中に自然に溶け込める動作として
簡単に、落とし込めるかどうか。

例えば・・
押し入れの開閉
書棚の引き戸 で、毎日コツコツと練習。

本日は、
和室でみせる美しい振舞い

初心者さまへ。
【襖の開け閉て】のお話しです。

 

 襖の開け方

まずは、緊張せずに肩の力を抜きましょうね。
では、こんな動画をみつけましたので、お楽しみ下さい。


★こばんちゃんねる https://c0banchan.tv/

ね。 緊張は、溶けましたでしょう?
動画に、感謝申し上げます。

では、真面目に始めますね(微笑)

【1】襖の手前に、こぶし2つ分
(15cmほど)あけて正座し、

「失礼致します」と、ひと声かけます。

【2】引き手(手をかける所)に近い側の手をかけて襖を、5㎝ほど開き

【3】かけた手を、襖の縁に移します。

【4】襖の縁に沿って、すっと下ろし下から15~20㎝ほどの所で止めます。

【5】そのまま指をそろえて、体の正面まで襖を開きます。

視線は下(室内は見ないで)

【6】手を、反対の手に入れ替えます。

【7】体が通れる程度まで、開けます。
(全部は開けません。5㎝ほど残して)

【8】襖を開けたら会釈をし、
両手を軽く握って体を支えながら、にじって入ります。

※ にじって入る
=じりじりと座ったまま脚を移動させて入る




 

 襖の閉め方

 

入室の後、襖に向き直ったら

【1】開いている襖の中央に正座します。

【2】襖に近い側の手で(下から20㎝ほどの)
襖の縁を、逆手でつかみます。

【3】体の正面まで閉めます。

【4】反対の手に持ち替えます。

【5】残り5㎝ほどの所まで襖を閉めます

【6】引き手に、手を掛けて
襖を最後まで静かに閉めます。

 

 注意点

 

【1】指先は、常に揃えます。

【2】使わない方の手は、膝の中央に置きます。

【3】下を持って、敷居と平行に動かすと音がたたず、滑らかに開閉できます。

【4】開けながら手元を見ていると自然にお辞儀の形になります。

【5】襖を全部あけないのは、閉めるときに持ち手が無くなるから。

【6】正式な入室のときは、お扇子を体の前に出して一礼します。

【7】障子や格子戸にも応用できます。

【8】最後に締め切るときの手は、流派によって様々。右も、左もあり。

 

 流派によって異なるもの

 

茶道の表千家 そして裏千家・武者小路千家や他流派。
神社仏閣・礼儀作法流派・・と。

どの流派に属しても、また、教えて下さる師によっても
少なからず教えは異なるものですね。

とかく、生徒は悩むもので私も、その度に頭の中が
こんがらがっていました(微笑)

ただ、最低でも、これだけは御存知なら
急なお座敷に呼ばれても大丈夫。
恥ずかしい思いをせず、誰もが知っていて困らないこと。

本日は、
そんな お話しでした。

美しいしぐさ。 それは・・
普通の方が、普通に使えるのでなければ意味がない・・
こと。

本日も、最後までお読み下さり
ありがとう存じます。

それでは
この辺でおいとま致します。

ご機嫌よう。

 

-しぐさ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本人の美しい所作。玄関で履物を、どう揃えていますか?(動画あり)

みなさま ご機嫌よう。 本日も、 お見えくださり有難く存じます。 最近、 こんな風に感じるようになりました。 訪問先での履物の揃え方について、 色々な見解があるものなのですね。 もしかしたら、 自分の …

和食マナー「椀とお箸」の扱い方(お箸の持ち方の動画あり)

  みなさま ご機嫌よう。 お疲れ様です。 お食事は、お済みになりましたか? 本日のお話しは、こちら 目次1  所作とは2  割り箸って、どう割るの?3  椀と箸の、取り上げ方4  椀と箸の …

和風美人の立ち居振る舞い「跪座・正座」

みなさま ご機嫌よう。 どうぞ ごゆるりと 大人になってから和室に集う機会があるならば やはり、そこでは正座でしょうか。 歳を重ねるごと、 冠婚葬祭などで使う機会が増えるものですね。   そ …

和装で魅せる指先づかい

  みなさま ご機嫌よう。 女性なら誰しも、 しぐさ美人に憧れるもの。 年齢を重ねても 会話が上手くなくても グッと あなたを印象づけるものだから。   それでは本日は、こちら 目 …

きもの美人の立ち居振る舞い『所作の要』って何でしょう。動画つき

みなさま ご機嫌よう。 着物をお召しになると自然に、 人に見られることを意識します。 振り向かれるのが嬉しくって・・。 そんな事を素直に語ってくれた友人もいます。 けれど、素人さんの着姿と プロの方の …