し ぐ さ

きもの美人の立ち居振る舞い『所作の要』って何でしょう。動画つき

投稿日:2018-06-05 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

着物をお召しになると自然に、
人に見られることを意識します。

振り向かれるのが嬉しくって・・。
そんな事を素直に語ってくれた友人もいます。

けれど、素人さんの所作
プロの方の所作は驚くほどに違うものです

美しい所作の要となるのは、
何でしょうか

恐れ入りますが ほんの少し
お時間をお借りしても 宜しいですか。

 

 一緒に動いていただけます?

 

今、 あなたは立っています。
ふと 足元を見ると何かが落ちています
何でもいいです
ボールペンでも 消しゴムでも何でも良いので
身近な物を 何か一つ 足元に置いてみて下さい。

出来ました?

では、
何も考えず いつものようにそれを拾ってみて下さい

はい。ありがとうございます

では、 ここで質問です。

あなたは今 どんな風にして
それを拾ったでしょうか。

両脚を伸ばしたまま 腰を折り
手を伸ばして拾い上げましたか?

それとも
ほんの少しだけ 膝を折ってから
中腰になって拾いましか?

それとも
その場に腰を落として掴みましたか?

その時、
左右の足はどうだったでしょう。
付いていましたか
開いていましたか

膝は どうでしょう。
付いていましたか
開いていましたか

そう。多分それが日常の あなた。

ではもう一度・・

 今度は、頭の中で想像してみて下さい。

あなたは今日
可愛らしい または
粋な着物姿をしていています
何だか みんなが振り返ってくれて
ドキドキしています

さて また足元に
何かが落ちているみたいですよ
今度は 上手く拾ってみて下さいね

はい。 どうぞ

・・・

拾えました?
どんな風に拾いましたか
少なくとも和服では
膝は、開きませんよね

さぁ。 そろそろ
答え合わせを致しましょ。

解答は
あなたの 頭の中の映像で。

主人公の美しい女優さんが、
足元に何かをみつけたよう
そして彼女は・・

片足を 半歩ほど後ろへずらします
背中は 真っ直ぐなままに
腰を ゆっくりと落として左右の膝は 付いたまま
片手で たもとを押さえ
反対の手は 指をそろえて
そっと 拾い上げました。

 

 プロの方々の所作 (動画) 

実は、美しい所作の要となるのは、
【腰】です
腰を中心に動くことです

是非、こちらをご覧になって下さい。


引用元:京都府公式動画チャンネル

如何でしょうか。

すべての所作の美しさの要になるのは
背骨が腰に突き刺さるような【腰】

指先にも、足先にも
細かいところまで神経を行き届かせるに
こしたことはありませんが、
要になるのは【腰】です。

そこさえ上手く体得できれば、
ただ立っている・それだけでも違うもの

和装が習慣化されていない今では、
すこし難しいのかもしれません。

けれど、求める気持ちがあるのならば
お手本になる素敵な方々は
たくさんいらっしゃいます。

現在も、茶道日本舞踊、
作法
をや礼法を学んだ経験のある方
の付く習い事などで、
そこに至る理屈を教えて頂ける
和の所作。

かつては、お母様やお婆様が
当たり前に伝えてくださっていた
日本の美しい仕草

きっと
もっともっと貴女を美しくしてくれます

その時は、そっと教えて下さいね。

 

最後までお付き合いをいただき
ありがとう存じます。

またいつか お目にかかれますように。

ご機嫌よう。

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着物しぐさのお手本になる女性を求めて「おそめ」を読む(序章より)

みなさま ご機嫌よう ゆみこです いらしてくださり ありがとう存じます   着物を身にまとった 所作の美しい女(ひと)影をさがして 今回、手にした一冊 「おそめ」 著者は 石井妙子さん 流麗 …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き④

みなさま ご機嫌よう 本日は、4回目の 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 きっと ここまで根気よくお付き合い下さった あなたは、 私よりずっと 腕に覚 …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き③

みなさま ご機嫌よう 本日は、3回目の 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。   忘れないよう、 思い出しやすいように っと、 お道具のイメージ …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑥

みなさま ご機嫌よう 改めまして こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 基本のき・なので、忘れないよう 書き残す …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑤

みなさま ご機嫌よう 本日も、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 なんと5回目です。 前回まで、 ゆーっくり ゆーっくりと 時間をかけて育てていった …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師