し ぐ さ

女性を美しく魅せる・手指の使い方。

投稿日:2018-09-19 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

女性なら誰しも、
しぐさ美人に憧れるもの。

 

本日は、

簡単で日常遣いの
【手指の使い方】の・ お話しです。

 

 プロの心得は?

たとえば

茶道・香道・華道に、書道
そして、秘書・CA・ホテルマン

そのプロの皆さまは

それぞれのお立場で、このように仰います。

 

指を揃え少し丸みをもたせて

指先は穂先のように、しなやかに


手の位置はウエストよりも上に置き


は張らず、を開けず


・何を扱うにも、両手で


・両手をクロスさせるラインは一層、女性らしい

と。

もしも
とっさに解らなくなってしまったら・・
指で『きつね』の形を、作りましょう。

この形で物をつまむと、綺麗に見えます

 

 スマホを持つなら?

 

日頃、あなたはスマートフォンを
無造作に、
握りしめてはいませんか?

ぜひ一度、

鏡に映った、あなたの指の長さの
最適美しいフォルムを

研究なさってみて下さい。

 

スマートフォン

人差し指と中指を2本つけ本体を支え、
あとの3本の指で
ふんわりと支えるように持ちましょう。

 

また、メールを打つときには
両手で包み込むように扱うと
美しいもの

 

通話するときも

UFOキャッチャーのようなに
指を開いて掴むような持ち方は
なさらないで

 

 お金を扱うときは?

お札や小銭を
お財布から取り出すとき

お金を扱うときには
つまむのではなく・・

指の腹を使う気持ちで。

そして

その手の動きは、
【肩幅よりも内側で小さくまとめる】

と素敵です。

指先美人は、マニキュア美人

ネイルに傷が付かぬよう
意識が自然とそこに行くから。

常に、指先に意識がゆき届いて
用心深く動いてくれるもの

マニキュア美人の指先は
自然に揃ってしまうもの。

 

 「3ステップ」で動く

 

物の扱いは、いつも
『3手』が、基本です。

名刺も、ペンも・・
「1持つ・2添える・3渡す」です。

 あなたの利き手で持ち
 もう片方の手を添え
 ゆっくりと 使う

コップなら・・

① 利き手でコップの下を持ち
② もう片方の手を底に添えて
③ 口に運びますね。

 

置くときには・・

① 静かにテーブルまで近づけたら
② 利き手の小指を立ててテーブルに触れながら
③ そっと音を立てずに置く

です。

 

 手をクロスさせる

 

利き手ではない方の手を
先に使うようしましょう。

 

右耳に触れたいときには
左手を

左肩に触れたいときには
右手を

クロス遣いは、殊の外 美しく見えます。

また、

舞踊の先生は
「薬指と小指をくっつける」
これを意識するだけで違うと仰います

 

美しく見せる

そして
大切な物を、丁寧に扱う・・

それは
物も人も、みな同じことですね。

 


 

つたない文章ですが

最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

何かひとつでも
お役に立てれば嬉しいです

では本日は
この辺りでおいとま致します

 

ご機嫌よう。

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きもの美人の立ち居振る舞い『所作の要』って何でしょう。動画つき

みなさま ご機嫌よう。 着物をお召しになると自然に、 人に見られることを意識します。 振り向かれるのが嬉しくって・・。 そんな事を素直に語ってくれた友人もいます。 けれど、素人さんの所作と プロの方の …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き 最終回♡

みなさま ご機嫌よう これまで6回にわたり綴って参りました、 この蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』も、本日で最終回。 思わず、嬉しくて タイトルにハートを付けてしまい …

着物しぐさのお手本になる女性を求めて「おそめ」を読む(序章より)

みなさま ご機嫌よう ゆみこです いらしてくださり ありがとう存じます   着物を身にまとった 所作の美しい女(ひと)影をさがして 今回、手にした一冊 「おそめ」 著者は 石井妙子さん 流麗 …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き④

みなさま ご機嫌よう 本日は、4回目の 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 巫女さんの 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 きっと ここまで根気よくお付き合い下さった あなたは、 私よりずっと 腕に覚 …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑥

みなさま ご機嫌よう 改めまして こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 基本のき・なので、忘れないよう 書き残す …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町・山王日枝神社奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範