し ぐ さ

着物しぐさのお手本になる女性を求めて「おそめ」を読む(序章より)

投稿日:2020-02-26 更新日:

みなさま ご機嫌よう

ゆみこです
いらしてくださり ありがとう存じます

 

着物を身にまとった
所作の美しい女(ひと)影をさがして

今回、手にした一冊

「おそめ」

著者は 石井妙子さん

流麗な序章を目でなぞってゆくと
そこには、こんな文字が

 

色が抜けるように白く

夜の蝶


まるで何かの精


生粋の京女

全身に漂う透明な空気

無心な花のよう

・・おそめのママさんでいらっしゃいますか

「へぇ」と
柔らかな微笑を浮かべて小さく腰をかがめた

 

私は
あぁ・・と思ふ。

着物を身につけた女性独特の
愛らしいお辞儀しぐさ を思い起こして。

それは
洋装のそれとは明らかに違うから

 

今宵は
この本を片手に

月見草

のような人と言われた
おそめさん ・を想い

 

日々
お着物を大切に召される
貴女に向けて

美しい女(ひと)の
お辞儀しぐさについて語ります

 

 和の着姿で魅せる【会釈の仕方】

軽く会釈を返すまえに

まず

きものは立ち姿から。

のてっぺんを糸で吊られているイメージで
背骨を真っすぐに伸ばします

肩は力を抜いて、すとんと落として
立ちましょう

まず、ここを整えてからの
ご挨拶です

 

軽い会釈には

そのまま垂直に体を沈めるように
お辞儀をすると綺麗です

時間にして
ほんの1秒、沈むだけ

それを
【 静かに・丁寧に 】します

そこに
先さまへの気持ちが加われば
自然と
頭も コクリと下がることもあるでしょうし

もし
子供っぽく魅せるなら 弾むように1秒
大人っぽく魅せるなら しっとりと落ち着いて1秒

背中を曲げずに腰を沈めて

その1秒のかけ方
貴女の
人柄がにじむものです

どうぞ騙されたと思って
一度なさってみて下さい

きっと和服姿の女性ならではの
美しい女(ひと)の見せる
お辞儀しぐさと出合えるはずです

 

ただ 注意点を一つだけ。

それは【視線の行方】

視線を外に流さぬこと。

先さまから
視線が泳いだり、逃げたお辞儀ほど
心ないものはありません

お相手の目に

こんな風に映ることだけは
絶対に避けなければなりません

「おそめ 伝説の銀座マダムの数奇にして華麗な半生」

着物を身につけることによって
動きには制限がかかり
ゆえに
仕草は違ってくる

それを
不便ととらえるのか
美しいととらえるのか

否、
どちらを身にまとう方が
自分の心に叶うのか・・

そう考えると面白いものです

食住は
その人の生き様を語るものだから。

 

生涯の多くを着物で過ごし
それを華へと変換して
生き抜いたその女(ひと)

おそめさん

その名は
ひと世の語り草になった女(ひと)

今宵は
この本の序章から

お着物を大切に召される
貴女に向けて

和服ならではの美しい
お辞儀しぐさについて語ってみました

 

では最後に
こちらの動画をご紹介いたします

【動画】100年以上前の日本が美しすぎる写真集


引用元:驚愕・衝撃な地球の日々

 

如何でしたか

貴女の心の琴線に
触れることを祈りつつ

本日は
この辺りでおいとま致します

 

ご機嫌よう

 

 

 

 

-し ぐ さ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性を美しく魅せる・手指の使い方。

みなさま ご機嫌よう。 女性なら誰しも、 しぐさ美人に憧れるもの。   本日は、 簡単で日常遣いの 【手指の使い方】の・ お話しです。   目次1  プロの心得は?2  スマホを持 …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き⑥

みなさま ご機嫌よう 改めまして こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露)点前』の覚え書きです。 基本のき・なので、忘れないよう 書き残す …

蓋盆(ふたぼん)の煎茶(玉露)点前・巫女点前の覚え書き①

みなさま ご機嫌よう あなたは神社の境内で 巫女さんの野点などを、 ご覧になったことはありますか。 こちらは 普段、巫女が御奉仕の合間に お稽古を積む、 蓋盆(ふたぼん=茶びつ)を使った 『煎茶(玉露 …

巫女さんの茶巾と盆巾の作り方(煎茶・玉露点前のお道具)

  みなさま ご機嫌よう 茶巾・盆巾とは 小さくて可愛い 玉露茶碗を清めたり、 お盆を拭いたりする お品です。 私は、これまで7回に渡り 巫女さんの玉露点前の お話しをして参りました。 その …

着物で座るときの、小さなポイント。

みなさま ご機嫌よう。 宴の席。 会食・旅行・法事の席。 お着物でお出掛けして、 いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。 そんな、あなたへ。 和装ならではの 美しい席への着き方があります …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範