しぐさ 小物

宴会に和装・裾を乱さず【座布団へ】座るコツと【お座敷座椅子】

投稿日:2018-10-26 更新日:

 

 

みなさま ご機嫌よう。

宴の席。
会食・旅行・法事の席。

お着物でお出掛けして、
いざ座布団へ座ろうとすると、いつも裾が開いてしまう。

そんな、あなたへ。

和装ならではの
美しい席への着き方があります。

できるだけ何気なく、目立たず、さりげなく、
ほんの少しの仕草で・・それが、なにより必要です。

本日は、お着物で出席なさる時の
座布団への座り方

そして、そういったお席に
一つは御用意しておきたいお座敷座椅子

・・の、お話しです。

では、
どうぞ本日も ごゆるりと。

 

 ポイントは 4つ。

 

まず、お着物でお出掛けの日。
座る・正座することが多いと解っている時には

【ポイント1】

その日の着付は、あらかじめ
いつもよりも前身頃の合わせ方を
3㎝ほど深くします。

座布団へすわる前に腰を下ろしますね。
その時は・・

【ポイント2】上前の褄(脚の付け根あたり)を
そっとつまんで右上へ引き上げます

:布が波立つほど強く引くのは×

その場に腰を下ろす時は・・

【ポイント3】褄を軽くつまんだまま
かがまず垂直に、腰を沈めます。

正座の状態になったら・・

【ポイント4】
右手で膝頭をすっと、
なでるようにして
居住まいを正します

くどいようですが
この仕草は何気なく、目立たず、さりげなくに。
と、お心おき下さい

ググッと裾を引き上げたししたら
はしたないですから。。

では、『座布団への座り方について』
一連の動きを、おさらいしたい方

こちらを どうぞ。

 

 座布団への座り方

 

【1】いきなり座布団の上へ立ってはいけません

【2】座布団の下座(入口に近い側)
又は、後ろ側へ立ちます。

【3】和装の場合、足の付け根あたりで
上前の褄を右の手で軽く引き上げ
裾つぼまりにして、座ったときに裾が乱れないようにします。

【4】下座側の半歩ひき

【5】引くと同時ゆっくりと体を垂直に落とします。

【6】膝を片方ずつ下に静かに着け

【7】足も片方ずつ、寝かせるようにして親指を重ねます

※まずは、
座布団のか・後ろ控え
御挨拶は、座布団を外した所でします。

勧められてから、初めて座ります

 

御挨拶の後は

【8】「座布団に座らせて頂きます」意味を込め
(指先を膝脇に自然に下ろして)軽く会釈をします。

【9】跪座(きざ)になります

※跪座=つま先を立てて、お尻がかかとの上に乗った状態

【10】座布団へ、膝頭から少しずつ布団の上へとにじり上がります。

【11】座布団の中央まで進んだら

【12】両手を軽く握って布団の上に着き、体を正面に向けます。

最後に
【13】右手で
膝をなでるように上前を整え居住まいを正します。

 

 お座敷座椅子

 

昨今では、おみ足の悪い方が増えて参りました。

あなたが、お客様をもてなす側になりました時には
おひとつお座敷座椅子のご用意があると喜ばれます。

急ごしらえでテーブルセットの椅子
ご用意いただくこともありますが、

それでは、部屋の隅にこしらえて頂いてもなお
目立ってしまって、かえって
居心地の悪い思いをさせてしまい申し訳なく、お可哀想。

病む足を押してわざわざ、お見え下さるには
それなりの理由があるものです。

お心を察して
出来るだけ、くつろいで頂けるよう
準備をなさっておかれるのは

これからの時代、大切なことのように存じます。

 

立ち上がりラクラク 優しいお座敷座椅子 「みやび」 (高さ3段階調節) ファブリックタイプ 天然木製 ベージュ色
by カエレバ

 

失礼いたしました。

 

もしも、お心に叶う方がおられましたなら
ご活用いただければ嬉しく存じます。

では本日は、この辺で。

 

ご機嫌よう

ありがとうございました

-しぐさ, 小物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

忘れられぬ贅沢な一席・柳家さん喬「たちきり」

  みなさま ご機嫌よう。   殿方のお遊びを、 おつに花柳界で・・とあらば 今は、一時間単位の計算なのだそう   それをもし 落語の「たちきり」の時代の 花柳界に 置換 …

日本人の美しい所作。玄関で履物を、どう揃えていますか?(動画あり)

みなさま ご機嫌よう。 本日も、 お見えくださり有難く存じます。 最近、 こんな風に感じるようになりました。 訪問先での履物の揃え方について、 色々な見解があるものなのですね。 もしかしたら、 自分の …

和装で魅せる指先づかい

  みなさま ご機嫌よう。 女性なら誰しも、 しぐさ美人に憧れるもの。 年齢を重ねても 会話が上手くなくても グッと あなたを印象づけるものだから。   それでは本日は、こちら 目 …

小物選び「低反発草履」

みなさま ご機嫌よう。   いま あなたのそばで 季節の花は 薫っていますか。 四季折々に 花鳥風月を愛でに 出掛けたいもの。 そんなとき和装ならば 足元は、どう致しましょ。 もしも出先で …

和装で魅せる「マニキュア」づかい

みなさま ご機嫌よう。 曼珠沙華の紅いろが、 緑に鮮やかに映えるこの頃。 どうぞ日々、お健やかに。 本日は、 目次1  和装と、マニキュア2  透明な、マニキュア3  基本色と、アレンジ  和装と、マ …