装 い

日本の禁色【黄櫨染(こうろぜん)】と【黄丹(おうに)】の簡単な解説と 動画

投稿日:2019-04-30 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

天皇即位の儀のお慶びの日に接し
本日は、
陛下が召される『禁色』の
黄櫨染の御袍(こうろぜん の ごほう)】と

もう一つの日本の『禁色』、
皇太子の召される【黄丹袍(おうにのほう)】

について、語りたいと存じます。
宜しければ
ごゆるりとお付き合い下さいませ。

 

 黄櫨染(こうろぜん)

陛下の束帯(そくたい)に用いられる
御袍(ごほう)の色。

a 冠
b 袍
c 飾太刀
d 笏
e 平緒
f 下襲の裾
g 表袴
h 大口袴

 

Wikipedia

それは、ウルシ科落葉小高木の
山櫨(やまはぜ)』の樹皮を煎じた
褐色がかった黄色と、

黄色い小花と小さな棘を持つ
ジャケツ・イバラ科の
蘇芳(すおう)』の芯の
黒味のある赤色とを混ぜ合わせ、

また、紫根の紫液を上掛けし
陽光に当たると、

地の墨色に赤紫が浮かぶ
それは、
天皇の他に着ることの許されない
【禁色】と言われます。

昼間の太陽の色を模した
黄櫨染色(こうろぜんいろ)】は、
『日光の色』とも呼ばれる、日本最高位の色

皇室の祖神・太陽神である
『天照大神』
太陽光を現す褐色に、の色を織り込ませ

自然光の加減で、幾重にも変化を見せるという
この【禁色】
高度な技術によって紡がれた『幻の染め』
と言われます。

以下は、
その【黄櫨染御袍(こうろぜん の ごほう)を召された
令和天皇御・即位礼正殿の義の御姿です。

貴重な動画を拝借し、拝見できますこと
心より感謝申し上げます。


引用元:テレ東NEWS

 黄丹(おうに)


kotobannku

もう一つの『禁色』は、
皇太子の召される
黄丹色(おうにいろ)】です。

昇る朝日を模した
紅花(べにばな)と 梔子(くちなし)を重ねた
[赤橙色]=赤みの強いオレンジで

元は、黄丹(おうたん)という顔料に似た色だった為です。

こちらの動画をお借りしました。
感謝いたします。

黄丹御袍(おうに の ごほう)】


引用元:toprating2

 和の色

四季の景色に濃淡をつけた、優しい色合い。
草木に宿る力を取り込み、厄を祓い

春は、萌黄色(もえぎいろ)
夏は、露草色(つゆくさいろ)
秋は、朽葉色(くちばいろ)
冬は、煤竹色(すすたけいろ)

その色合いに、
一色を主張する強さありません。

が、しかし微妙で味わい深いため、
飽くことがなく
合成染料では表現できぬ、ゆかしい色味。

中でも、朝陽を象徴化される【禁色】

それは、どれほどの努力を積んだ人とても
絶対に着ることが許されない
我が国の【絶対禁色】

この先も
国民が袖の通すことは叶わぬ色を、
この機に
ぜひ記憶にとどめたいものですね。

 


ここまで 御読みいただき
有難う存じます

こちらも また
あなた様のお目にかかれたら
嬉しく存じます
⇒⇒⇒『菊の御紋』と 日本・【十六八重表】の由縁

では
本日はこの辺りで おいとま致します。

ご機嫌よう

 

 

-装 い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【広瀬すず さん】の姓名鑑定・和装に学ぶ〔2019年・成人式〕

2019年 御成人、おめでとうございます。   広   5 ・・・・・  天運 24 瀬  19 ・・・・・  人運 22 す   3 ・・・・・  地運  8 ず   5 ________ …

小物選び「低反発草履」

みなさま ご機嫌よう。 いま あなたのそばで 季節の花は 薫っていますか。 四季折々に 花鳥風月を愛でに 出掛けたいもの。 そんなとき和装ならば 足元は、どう致しましょ。 もしも出先で 長時間歩くご予 …

和装美人の夏「浴衣の下」

みなさま ご機嫌よう。 本日は、  浴衣の下には何を着るの? というお話し。 なものですから あの… 恐れ入りますが、殿方禁制ね。   目次1  浴衣下の心得2  下着の心得・3 …

【乃木坂46 齋藤飛鳥さん】の姓名鑑定・和装に学ぶ〔2019年・成人式〕

2019年 御成人、おめでとうございます。   齋 17 ・・・・・  天運 35 藤 18 ・・・・・  人運 27 飛  9 ・・・・・  地運 20 鳥 11 __________ ・ …

結婚式に じわじわと人気!【黒引き振袖】世代別の着こなしとは?

みなさま ご機嫌よう ドレスにはドレスの魅力があるように、 和装には和装の魅力があります。 ここ数年は 【黒引き振袖】をお選びになる方が とても増えているように感じます。 十代から ずっと神社で御奉仕 …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範