日本の四季 装 い

「成人式」参加を迷う君へ。「振袖」の起源・意味

投稿日:2018-10-23 更新日:

みなさま ご機嫌よう
ゆみこです

本日は
「振袖」と「成人式」の
起源や意味についてのお話しです

近ごろは
新年の成人式だけでなく
初春やGW
そして真夏の成人式もございます

そこで本日は

とりわけ今

成人式どうしようかなぁ・・
式典への参加を
悩んでいる あなたへ。

ご事情も色々とおありでしょう
けれど

この記事を読み
すこし 視点を変えてみることで

あなたなりの
心の整理の 一端を担えたら
と、願って。

 かつて振袖は、子供の着物でした

かつて

振袖子供たちの着物でした

そして 男の子
元服(成人)前までは着用していました

着物の形は
現代の成人女性の着るような
袖の長い振袖とは違い

活動的な子供たちのために
衣服に体温がこもらぬよう
脇をひらいた上に
小さな「小袖(こそで)」をつけた
通気性のあるものでした

また
その子供たちの愛らしい動作は

袖を振る

空気を動かす

厄を祓う


神を呼び

ご加護を得る

という
神社で柏手(かしわで)を打ったり
を鳴らすことや

巫女が長い布や袖を振って
神楽を舞う

「魂振り(たまふり)の動作

と同じと考えられ

そこから
厄を除ける
病から守る 
という
親の願いが込められました

 袖(そで)が長くなった訳

神に対してのみ行われた「魂振り (たまふり) 」
の意味をも含む「振袖」ですが

それが次第に
年頃の女性のする仕草と重ねられ

たとえば

男性から求婚された折、
袖の振り方ひとつでお返事を伝えたり

愛する人を振り向かせ
離れゆく心を繋ぎ止める
ための動作として

その動きが
しなやかであること
袖振りの仕草を美しく見せること
女性たちは
心を砕くようになるのです

それが
現代で 失恋した時に使われる
「振られた」という表現にも繋がります

袖(そで)の長さの変遷は

18世紀のはじめ
宝永のころには 二尺(66cm)

18C中頃
宝暦には 三尺(約1m)を超えます

そして

江戸中期に入ると
未婚女性は関所を通る時に、
振袖でなければ

通してもらえなくなり

たいてい関所の近くには
「貸し振袖屋」なるものまでが
あったのだそうです

近世
冠婚葬祭(かんこんそうさい)の
【冠】成人式のことですが

成人式とは
人生におにおいて人の行う
通過儀礼(つうかぎれい)の中でも
最も「格の高い」儀式 という位置づけで

「振袖」は
独身(未婚)女性にとって最高位の衣裳
「第一礼装」とされます

いまも
皇室の方をご覧になると
良いお手本になりますが

ただ、近ごろ街中では
そんなことにこだわらず

妙齢のご婦人や
ご高齢のご婦人が

気軽に
「振袖」をお召しになる姿も
お見掛けします

誰にも迷惑をかけぬ場で
楽しまれるご様子は
チャーミングで素敵と存じます

よい時代になりましたね

 式の「起源と現在」

成人式の起源は

「敗戦直後の若者たちに希望を」
という趣旨の
「青年祭」という形で実施された

1946年
(昭和21) 11月22日
埼玉県北足立郡蕨町(現・蕨市)の
「青年祭」です

この祭典が、国民を勇気づけ
日本中に広がったことから

1949年 (昭和24)に
日本政府は
一般に「成人式」を起こします

多くは
古来の元服になぞらえて
成人の日を
1月15日としましたが

その後、地域によって
行われる季節や
身につける衣裳にも
違いが見られる様になりました

たとえば

豪雪地帯の岐阜県白川村では
式典はで、きものは浴衣姿です

長野伊那では
成人式とお盆と花火が同時に楽しめます

熊本県天草市でも
昭和49年以来、成人と先祖供養を共有する
厳かな 地元の夏の風物詩です

秋田岩手の三陸沖では
成人式は、若者による
復興の誓いの宴」でもあります

ほかに

大学進学や就職に伴う
移動スケジュールに
配慮して

3月・4月GW
成人式を行う地域もあり

また、振袖姿にこだわらず

北海道奥尻
山形・宮城・新潟上越などでは
男女共、落ちついたスーツが
主流となっているようで

 成人式、あなたは行かれますか?

いま

成人式の式典は 人により
必ずしも
同じものはなくなりました

けれど

親御さんの想いは
いつの時代も変わらぬようで

その想いを気遣い
悩んでしまっている方は
多いのです

他にも

ご病気や怪我、諸事情で
動くことのできぬ方や

浪人生だからとか
ぼっちになってしまうから とか

金額的なものが厳しくて
写真だけに とか

祖母や母からのお下がりを
断り切れない悩み など

立場の数だけ
人それぞれ 深いもの

ですが どうぞ

あなたらしい
かけがえのない 今を

あなたの意志で選び
胸を張って

成人の日を お迎え下さい

私自身は
お式へは行っておりません
お仕事で行けませんでしたので

しばらくしてから
両親のために
写真は撮りに参りました

現代は

それぞれが
それぞれの立場で
成人して良いのです

この記事で
「振袖」や「成人式」の
意味・起源を知り
地域ごとの違いなども知り

ぜひ
心の整理をつけて
あなたなりの選択を。

御成人、おめでとう存じます

どうか胸を張って
扉を 開かれますように

本日は

お読みくださり
ありがとう存じます

 

ご機嫌よう

 

 


日本製 手作り 高級マスク
(ホワイト×淡い茶色, 裏地サテンシルク)

 

 

 

 

-日本の四季, 装 い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本人の知恵袋「謎解き春の七草 」お粥に使うのは、どっち?【仏の座】

動画の引用元:Y.LIFE STYLEさま   みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます。 上の動画 「無病息災を願う我が家の七草粥」は とても丁寧で素朴 …

水に浮かぶ「一輪挿し」

みなさま ご機嫌よう ゆみこです 今日もいらしてくださり ありがとう存じます   いま あなたの足元には どんな花が 咲いていますか。 四季折々に 街に出て ふと足元を見つめると 水を蓄えた …

【超初心者さま編】美しい足袋の履き方・選び方(動画付き)

  みなさま ご機嫌よう   足袋の正しい履き方を ご存知でしょうか そして 足袋は 一年中同じものでも良い? 夏物と冬物の違いは? 実は 足袋づかいも ちょっとした工夫で 見栄え …

花嫁衣装の意味と、3色4変化に込められた秘密を知る

みなさま ご機嫌よう その昔、 「白・紅・黒」という 婚礼の3原色といわれる 色があり、 花嫁さまは この3色+1の 4変化で嫁ぐ日の想いを 現わしたとされます。 本日は そんな 嫁ぐ日の今昔物語です …

女性の身体を温める・紅いろの襦袢「禁色の深紅」

  みなさま ご機嫌よう いつも ありがとう存じます ゆみこです   昭和初期ごろまでは 女性の着物の裏地は紅色が多いですね 古より日本では 多くの襦袢や胴裏に 紅染めのものを用い …