装 い

【超初心者さま編】美しい足袋の履き方・選び方(動画付き)

投稿日:2018-06-23 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

足袋の正しい履き方は、ご存知でしょうか?

そして足袋は、一年中同じものでも良い?
夏物と冬物の違いは?

実は

足袋づかいも ちょっとした工夫で、
見栄え良く使える足袋に変えられます。

本日は
超・初心者さまに向けた
美しい足袋の履き方・選び方
についての
お話しです。

 

 張りを出す

まずは、基本的な足袋の履き方です。

言葉で説明するよりも
イラストの方がわかりやすいですね

それを踏まえた上で
解りやすい動画をみつけましたので、
ぜひ、ご覧ください。


引用元:キモノ-着るなら.com

 

 足袋の選び方

 

ところで 貴女は
どんな足袋を用意されていますか?

選び方は、
たとえば靴のサイズ22.5㎝の 私の場合

夏はワンサイズ下22.0㎝の綿の足袋を、
しっかり足の形に添わせて履き
その上に、汚れ防止にナイロン製のカバーを
足袋に沿わせて
ピチッと空気を入れないように履きます。

 

冬はワンサイズ上(23.0)のものを用意します。
[注] 冷え性の女性にオススメの方法です

まず 足袋ソックスを履きます

ソックスは足袋から見えないように
足首で折り返しています
その上に、裏地がネルの足袋を重ねます。

白足袋なら、裏地がネル
色足袋なら、全体にネル地のもの
これを選ぶと、とても温かいです

たとえば、こちら。

 

ソックスと足袋の二重履きのせいで
足袋にシワがよりません

 

美しい足袋は
【シワが寄らない】のが基本です。

 

舞踊家の方の足元を、ご覧になった事はありますか。
魅せる履き方は
一筋のシワも無く、美しいものです。

演目によっては
華奢な足元が 絶妙に色香を魅せます

一度ご自身の足先で
その美しさに気付いてしまったら
あなたも、きっと 戻れないかもしれません

ぜひワンサイズ小さな足袋を
キュッと張りをもたして履く

を、試してみてください。

 

ひと昔前、女性たちは着物姿で富士登山をされて
笑顔でモノクロ写真におさまっておられました。

強いですね。
でも、そんな時は緩めに履いたのでしょう

ともあれ 足元は大事。

「見た目の美しさと共に
健康を考えて履く」が、基本です

 

あなたも

どうぞ麗しい着姿で
季節の風景に溶け込んでいらして下さいね。

本日は、最後までお読みいただき
ありがとう存じます。

 

冬の足袋選びについては
こちらで、もう少し詳しく話しております。

⇒⇒⇒超冷え性さんの足元を温める! 和装・冬の足袋支度

 

ご機嫌よう

 

-装 い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【梅】きもの模様の意味を知りたい。

  みなさま ご機嫌よう。 本日は 和装に見る【梅】の柄の意味 たくさんの雑学と一緒に きっと 梅模様が、愛おしくなる そんなお話しです。   目次1  意味と花言葉2  松竹梅3 …

関東の粋(いき)と、関西の粋(すい)から知る、自分らしい着物の選び方

みなさま ご機嫌よう ゆみこです いらしてくださり ありがとう存じます   東女と京女の着姿の違いを知って 自分がなりたい女性像を具体化できると 自分の好みや 着物の選び方に自信が持てるよう …

超冷え性さんの足元を温める! 和装・冬の足袋支度

みなさま ご機嫌よう。 和装は好き。 でも、冷え性なので冬はつらい。 そんな、あなたへ。 本日は、とっておきの暖かい お話しです。   目次1  超冷え性さんの冬支度2  ① 足袋ソックス( …

和装美人の夏「浴衣の下」

みなさま ご機嫌よう。 本日は、  浴衣の下には何を着るの? というお話し。 なものですから あの… 恐れ入りますが、殿方禁制ね。   目次1  浴衣下の心得2  下着の心得・3 …

初めて着物で入学式へ行く母の準備 必要なものリスト19

ご子息・お嬢様の 晴れの日に 初めてお着物をお召しになるお母様へ   ご機嫌よう ゆみこです   和装には どんなものが必要でしょう? どんなものが足りなくて、 どんなものを揃えた …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

【 恩 師 】

山王日枝神社
宮西惟道 師

松竹衣裳
根津昌平 師

和裁学苑
村林益子 師

小笠原流礼法
吉澤菱久 師

煎茶道日泉流
小泉萌生 師

日本舞踊
花柳美貴龍 師

京都芸妓
中嶋よしゑ 師