装 い 神 社

神前婚・かつら合わせで失笑!? 待って!そのメイクにのせたら当り前です

投稿日:2019-12-06 更新日:

みなさま ご機嫌よう

これまでに私は

御神前で300人以上
花嫁さまの介助をさせていただきました。

本日は、
その経験からお話し出来ることを
お伝えしたいと存じます

 

 和装かつらを選ぶのは 約1割の方

以前は

神前結婚といえば
花嫁さまは、当然のように
カツラを被っていらっしゃいましたが

昨今は
カツラ合わせの折に、

実際にカツラをのせてみて
何故か
「・・・。」

その後で
笑い出してしまわれて

美容師さんから
もうどんなに褒められても

「可愛いですよ」と言われても

「絶対に、無理!
洋髪に変更したいです」
と、
多くの方が仰るのです。

きっと
鏡の中の非日常にショックなのかも・・

って
・・・?

そう
非日常なのです、よね。

本来なら こんな風に
白塗りの和風メイクを施すもので

それなのに

白塗りもせずに似合うのは無理で
不自然なのが当り前です。

 

そんな訳で 残念なことに

近頃は、

和装婚を望まれても
実際に、和装かつらを選ぶのは
約1割の方といいます。

えっ、重いのに?
お高いのに?
なぜ?

そう思われた方は、次のお話しへどうぞ。

 

 文金高島田とは

日本髪の歴史の中で

受け継がれる【文金高島田】

近代では
日本に生まれてきた女性が
一生のうちの、たった一度きり

結うことの出来る 日本髪です。

その形は、

髢(かもじ)と言われる付け毛を入れ
膨らませ

「島田髷(しまだまげ)」といって
まげを一回縛り

髷(まげ)の根を上げて高くし
額の前へ出すもの

そこへ
・櫛(くし)
・簪(かんざし)
・笄(こうがい)
=頭がかゆい時に髪型を崩さずに髪を掻く道具)

で 飾り付けをします。

誰でも
いつでも
手に出来るものではないのですね。

 

花嫁の夢を叶えるHanayume(ハナユメ)

 

 由 来

時は江戸
八代将軍・徳川吉宗のころ。

貨幣の改鋳(かいちゅう:鋳(い)直すこと)が
ありました

その頃の「小判」は【文金】と呼ばれ

男性の結髪様式の一つで
髪を高く結うことを【文金風】という
まげの名称でした

その後
女性も、まげに針や楊枝を入れて高くし
【文金風】を取り入れ始めます

そして

嫁ぐ娘のために
母親が髪の中に小判を一枚忍ばせ
今までよりも
島田を高く結い上げたことから

【文金高島田】と
言われるようになったと言います。

【文金高島田】は、残念ながら
当時とは
大きさも形も違いますが

唯一、根の位置とまげの高さは
変っておらず
その格調の高さのまま当時を伝えています

現在では

その、高さを再現できるのは
カツラを使った
【文金高島田】だけです。

 

 「島田髷」の種類

日本髪の中でも

この「島田」の由来は
静岡県島田市からと言われます。

その種類は

・高島田
=上流階級の女性が結ったもの。

・中高島田
=やや小ぶりで少し身分の低い未婚女性の結うもの

・文金高島田
=根の立ち上がった部分の位置が最も高い、花嫁の結う形

・その他
芸者島田京風島田・江戸風 潰し島田
などがあります。

 

これは
でも、ほんの一握りのお話し。

日本髪って
奥が深いのですね。

和装婚を
好まれる方も増えたとはいえ

昨今は

ご自分の髪(地毛)で、日本髪を結われる方が
増えて参りました。

大切なのは

あなたのお心に叶うものを
召されること。

それが一番です

 

でも、その上で

日本の和の文化を紐解くと
美しい由縁も
たくさん楽しめるもの

よろしければ
こちらの お話しもどうぞ

⇒⇒⇒結婚式に じわじわと人気!【黒引き振袖】世代別の着こなしとは?

 

ご機嫌よう

 




 

-装 い, 神 社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

超冷え性さんの足元を温める! 和装・冬の足袋支度

みなさま ご機嫌よう。 和装は好き。 でも、冷え性なので冬はつらい。 そんな、あなたへ。 本日は、とっておきの暖かい お話しです。   目次1  超冷え性さんの冬支度2  ① 足袋ソックス( …

きもの美人の夏「薄もの羽織」

みなさま ご機嫌よう。 紫陽花の美しい季節になりました   この時期 下町などに参りますと 何とも涼しげな 淡い色味の 単衣(ひとえ)を 召された女性が ふんわりと その肩に 海老茶や 江戸 …

関東の粋(いき)と、関西の粋(すい)から知る、自分らしい着物の選び方

みなさま ご機嫌よう ゆみこです いらしてくださり ありがとう存じます   東女と京女の着姿の違いを知って 自分がなりたい女性像を具体化できると 自分の好みや 着物の選び方に自信が持てるよう …

きもの美人の冬支度【長手袋】X’mas・大晦日・新年のお伴に

  みなさま ご機嫌よう。   和装美人の冬支度。 もう・・ 指先から風邪をひいてしまいそう。 そんな私と同じ、冷え性の方 いらっしゃいます? ロンググローブとは 長くて肘まで隠れ …

女性の身体を温める・紅いろの襦袢「禁色の深紅」

  みなさま ご機嫌よう いつも ありがとう存じます ゆみこです   昭和初期ごろまでは 女性の着物の裏地は紅色が多いですね 古より日本では 多くの襦袢や胴裏に 紅染めのものを用い …

ご挨拶

 

ご 挨 拶

 

千年の先

15代あとの子らに

あなたは
何を伝えたいですか

日の本のくにの

言の葉の ぬくもり
きよらかな 所作

いまを  惜しみ
慈しみ
人を敬い

薫るように

歳を ゑるほどに
人を深めて

もし

叶うのなら

和事に
華を咲かせながら

生きてみたい。。

 

ここへ
いらして下さる方々に

ほっと一息つける場所に
なれますように

つたないブログですが

 

つまずきながら
学びながら

感ずるままに  綴っております

どうぞ
ごひいきに。。

 

ゆみこ

 

 

略 歴

 

 

千羽屋呉服店・長女

永田町のとある神社へ
本職の巫女として奉職

舞台着付
根津昌平氏師事(松竹衣裳)

和裁学苑
村林益子氏師事

和装ポージング&ウォーキング
田中レーヌ氏(パリコレモデル)師事

和文化講座
中嶋よしゑ氏(京都・芸妓)様

メンタルケア・スペシャリスト認定

きもの文化検定3級

小笠原流礼法・師範