装 い

和装で魅せる「指輪」えらび

投稿日:2018-05-23 更新日:

みなさま ご機嫌よう。

きもの姿は、
それ自体が 一枚の絵画のよう。

ですが

引きで見たときに
大胆なデザインの指輪でも
着物の一部となると、
華奢な存在に見えることもあります。

特に、お背の高い女性には
大振りが、良くお似合いです。

 

月のように丸いリング。
指輪 って、
和装で使うのは すこし難しい?

何故かしら。

 

 指 輪

和装には
大きめな装飾の指輪

似合うもの?

いえいえ。

恥ずかしがり屋さんには
ピンキーリングも
お似合いで。

どうぞ
貴女だけの 唯一のものを
手に致しましょ。

きっと
乙女な願いも 叶えられるもの

 

 付ける・外す

 

それは 指輪を
付けるタイミング・外すタイミング

ごめんなさいね。
当たり前過ぎることですが
ここが 肝心。

付けるのは → 出掛ける直前
外すのは  → きものを脱ぐ前

これだけは、必ず守って下さい。

きものの布地を 傷つけてからでは
後悔しても 遅いですもの

同じ意味では
先様で
お茶などを振る舞われる時に

自信がないようでしたら
そっと お外しになって
手元に置かれることです。

大切な陶器類に 傷をつけては
大変なご迷惑になってしまいます

あなたが そっと
お外しになる姿をご覧になれば
先様も ホッととなさるでしょうし
そのような あなたの気遣いも
きっと 和まれます。

 

 時と場所

 

お茶席へのお呼ばれの時は、
指輪をして行ってはいけません。

そして
黒留袖・喪服・訪問着のときも
お控えくださいませ。

今は、付け下げを
お洒落な外出着となさる方もあり
如何ともし難いですが

そこは 周囲に合わせるのが
大人の配慮というもの。

迷ったときには
周りの皆さまに いかに気持ち良く
一緒に居ていただけるかを考えれば
それが 正解です。

そう。

① 先方に ご迷惑かけぬこと
② 同席される方に 合わせること

・です。

また
結婚式には 光り物のゴールドは避けましょうね
ただ何故か ひと粒ダイヤは良いようなのです
難しいですね。

同席される年齢によっては
お考えも変わるもので

「和装には 和のものよ」 っとおっしゃって
べっ甲や トンボ玉が 何よりなもの・との
ご意見をお持ちの方もおられます

ですから
まずは
ご自身が気後れせずに 心地よく
ひととき楽しく居られるかを
大切に お考えくださいね。

 

 デザインのこと。

 

一番 怖いことは
指輪で何かを引っかけてしまうこと
なので立て爪のものではない方が 安心。

そして 大きくても
出来れば
平たいものや 埋め込み型のものの方が
万が一の粗相の危険性は、グッと減ります

 

古来より、

指輪には それを身につける方の
祈りを叶える力が在ると信じられています。

どの指に、どんな意味があるのか・・
いつか
そんな お話しも致しましょ。

まずは
あなたの お気に入りの一つが
きっと 見つかりますように。

本日も お読みくださり
ありがとう存じます

またお目にかかれますように

ご機嫌よう。

 

-装 い

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【着付に必要な物】初めて着物で入学式へ行く 母の準備19。

  ご子息様・お嬢様の晴れの日に、 初めてお着物を召されるお母さまへ。 着付の前に準備したい物を、 写真を交えてリストにしました。 また、それぞれに 当日までに確認しておきたい事を 付記しま …

和装の小物合わせ「紐えらび」

  みなさま ご機嫌よう。 あなたは, 和装に必要な小物は何ですか? と尋ねられたら、 まず何を思い浮かべますか。 私なら 基本、 綿の紐が3本 それさえあれば、大丈夫です と答えます。 新 …

【乃木坂46 齋藤飛鳥さん】の姓名鑑定・和装に学ぶ〔2019年・成人式〕

御成人、おめでとうございます。 齋 17 ・・・・・  天運 35 藤 18 ・・・・・  人運 27 飛  9 ・・・・・  地運 20 鳥 11 __________ ・・・・・  総運 55 & …

浴衣美人・夏「抜き衣紋」

みなさま ご機嫌よう。 浴衣姿で あなたが一番美しいと思う部分 あなたの こだわりは どこかしら? 普段のお着物ならば 長襦袢に 半衿をつけ そこに 衿芯を縫い込むか 差し込みますが 夏。 長襦袢を省 …

日本の禁色【黄櫨染(こうろぜん)】と【黄丹(おうに)】の簡単な解説と 動画

みなさま ご機嫌よう。 天皇即位の儀のお慶びの日に接し 本日は、 陛下が召される『禁色』の 【黄櫨染の御袍(こうろぜん の ごほう)】と もう一つの日本の『禁色』、 皇太子の召される【黄丹袍(おうにの …